2013年07月29日

Mt.Fujiは日本一

7月20日遂に日本一の山に登ってきました!(^^)!
昨年登山を始める切っ掛けの一つでもあり「来年は必ず」と思っていた山
日程を組んでいると世界遺産に認定された事で更に人が多くなる予感が・・・
色々調べていると夏のシーズン中であれば山の険しさは先月登った男体山などの方が
子供にとっては全身で登るため辛いハズ
行程は長いが高山病にさえ成らなければ息子もへっちゃらなハズ
子供連れの場合、高山病が発症する可能性の高い3000m以上での山小屋泊は
非常にリスキー
しかも知ってる人は知ってるのだが狭い山小屋のすし詰め状態で私のイ〇キは・・・
一番良いのは5合目で車中泊し高度順応並びにちゃんと睡眠をとるのがbest!
しかしシーズンの週末はマイカー規制??
あれっ?
三連休の次の週である20.21は何故か規制なし
金曜日に有給を取り終業式の息子が帰ってきたら即出発車(セダン)

渋滞も無くPM5時には五合目着
少しプラプラし早めの夕食ののち7時には眠りに眠い(睡眠)
深夜1時過ぎに起床し2時登頂開始グッド(上向き矢印)
ヘッドランプで暗い登山道を照らしながら登っていきます
子供の高山病を注意しゆっくりペース
ご来光は7合目から晴れ

IMG_2343.jpg
チョット雲が多めあせあせ(飛び散る汗)

団体さんのガイドさんの話を盗み聞きしていると
気温も高く風も弱い最高の富士登山日和だと
ならばこの日に頂上に行くしかないでしょ〜

その後も度々休憩を入れながら登りますが辛そうな息子
しかも嫁までたらーっ(汗)
顔色は悪くないが初期の高山病??
息子も根を上げないので3分登って4分休みのペースでゆっくりと登っていきます

IMG_2375.jpg

症状は悪化することはなく無事山頂にぴかぴか(新しい)

10時間掛かりましたが日本一の山の山頂に立てました

IMG_2440.jpg

IMG_2448.jpg

IMG_2452.jpg

はじめての3000m級、息苦しさと高山病との戦いでしたが
肉体的疲労は男体山方が上
山小屋も多数ありある意味日本一快適な山??
最高のコンディションで息子の夏休み初日に思い出が出来ました

山登り時恒例の山ヌードルをすすり小休止して下山です
帰りのルートは砂塵が舞うらしいので口に手拭いを巻きますが
怪しさいっぱいですねわーい(嬉しい顔)

IMG_2460のコピー.jpg

IMG_2477.jpg

下山ルートはブルドーザー道なんで火山灰のフカフカサンド
飛び跳ねながら快調に飛ばしますがサングラスを息子に奪われ
視界が眼鏡

IMG_2502.jpg

下山は何と3時間半手(チョキ)

下山でこれだけ早いのなら剣ヶ峰まで行けばよかったと後悔も有りますが
次回に楽しみをとっておきます
下山後は温泉で疲れた体を癒し山梨に来ると必ず寄るほうとうの小作で
エネルギー充填して帰宅車(セダン)
思っていたほどの込み具合でもなく快適な登山で3000m級を満喫できました
8月は燧ケ岳でも登ろうかと思案中なoutlaw親子です(*^^)v






posted by outlaw at 22:54| Comment(4) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

今年2匹目のネブト

前回2013年初物のネブト♀をGETし♂も捕ってブリードしたい
なーなんて思い♂さがしに出かけました

ネブトは羽化後直ぐに交尾し樹液に集まる個体は交尾済み
が殆どでブリードするには樹液採取個体では難しいみたいですが
稀に交尾するケースもあるんで気合が入ります

あまり時間も無いので最初から前回開拓した県央部に向かいます車(セダン)
前回の木は御神木とはならずコクワ・スジクワの巣と化してました(+o+)
付近の木を見て回りますが思わしくありません
しかし久々に嬉しい光景に遭遇です

DSC_8208.jpg

樹液のミヤマって絵になりますよね!
しかし携帯カメラだとISO感度の関係でシャッタースビードが遅く
ブレ気味です
薄暗い所だと携帯カメラは厳しいっすね!あせあせ(飛び散る汗)

そして小移動して別のネブト植生場所に行くと良い感じの
樹液の出具合ぴかぴか(新しい)

数本目で絶対居そうな雰囲気の樹液木に出会えました
し・・
しかし・・
黄色と黒のツートンカラーな奴ががく〜(落胆した顔)

諦めるわけにはいかないので戦うことに手(グー)
樹液に夢中になってる隙にグローブ越しの右の平手を撃ちこんで
勝利しました
そしてその木をじっくり探すとグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
今年二匹目の栃木産ネブトです

DSC_8210.jpg

前回のネブトより大型のメス

DSC_8214.jpg

2匹とスジを比べてみました

DSC_8220.jpg

本当は樹液場で撮影したいのですが洞とかの特徴出ると
ポイントを特定されそうなんで出しません
まあ、前回のヒラタの件も有るんで呑気に撮影してて奥深くに
入られたら叶わないしね!
ノコやミヤマならのんびり撮影できるんですが〜

しかし♂は何処???




posted by outlaw at 00:14| Comment(4) | クワガタ採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

2013栃木産ネブトクワガタ

梅雨開けが発表されそろそろクヌギの樹液もダラダラシーズングッド(上向き矢印)
今年もネブトを探しに行ってきました
昨年、先駆者の方々のブログ・HP等で当たりを付けていた場所でまさかの
ビギナーズラックで2匹の栃木産ネブトクワガタ♂に出会えました
2013年はヒラタ、ミヤマは取りあえず対面済
夏本番の週末はシーズン初のネブト狙い車(セダン)

ネットでネブトクワガタについて色々調べて分かったのですが
ほぼ同じ木に次の年も着くという事
付いている木の大体のシュチィレーション植生は昨年でつかんでいたので
昨年2匹採集している御神木は最後に回して新しいポイントの開拓ですわーい(嬉しい顔)

日々の外回り営業中に新たな道を通り木々の植生を観察しており
怪しいポイントを巡って行きます
樹液が出ている木を見て回りますが居るのはコクワばかりたらーっ(汗)
気まぐれで樹液クヌギの横の何でもないクヌギを蹴ると・・

DSC_8195.jpg

中型ですが先週はあれだけ探したのに1匹
今日は気まぐれキックで1匹(笑)

気合を入れて次の怪しいポイントを巡りますが其処では
樹液が出ているクヌギがなく空振りもうやだ〜(悲しい顔)

更に新たなポイントへ大移動して樹液木を探すと良い感じの木がグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
くまなく探しますが本命は0バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
何気に隣の何でもない木を見ると・・
・・・
・・
ミ・ミヤマダッシュ(走り出すさま)

DSC_8203.jpg

探すと居ないくせに探さないと発見できるんですねダッシュ(走り出すさま)
しかもなんでこんな木に??

その後何本もの樹液木を見てみると樹液が出ている洞の中に
何やら怪しいオケツがexclamation&question
掻きだし棒とピンセットを駆使し引きづり出します
出てきたのは
スジ???
なんか違う
コクワ、スジクワは本日腐るほど対面してきたのですが
背中の筋が明らかに深い
や・・奴??
昨年の2匹は共にオス
オスの背中に比べると掘りが浅いような気がするんですが
メスは初めてなんで見分けがつきません
なのでキープしてその後も色々見て回ります
最後に本命ポイントにも行ったのですが樹液の出がイマイチで
まだ早い様子

帰宅後ネットで色々メスについて調べた結果
ネブト ♀に認定ですexclamation

スジに比べ上翅の深いスジ、バチ状の顎、前胸背板のザラザラ感etc
もっと彫深なら見分けも簡単なのですが♀は♂よりも浅めらしいので
スジと間違う所でした

DSC_8205.jpg

IMG_2245.jpg

左のスジクワと比べると彫の深さは一目瞭然

IMG_2247.jpg

今年もネブトクワガタに会うことが出来ました
しかも嬉しいことに新ポイント手(チョキ)

次は♂を探しに行ってきます(*^^)v











posted by outlaw at 22:07| Comment(10) | クワガタ採集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。